広島の地域密着リフォームを紹介するマガジン 広島の安心・安全リフォーム

トップページ > 広島の匠 > 建築板金 馬明 千晴さん

建築板金 馬明 千晴さん

建築板金歴27年のベテラン職人。鋼板製屋根や雨どいの施工には、馬明さんならではの熟練の技が光る。例えば、屋根枠施工では雨漏りを防ぐために、ハサミを入れずに「八千代」折に加工したり、薄板同士を組み合わせる「ハゼ組み」では、「立ちハゼ」「巻きハゼ」などさまざまな組み方を修得し、屋根の角度に応じて対応したりしている。かつて経験した天満宮の銅板製屋根の葺き替えでは、破風に「てり」をつけたり、微妙な形状をつける「まわし棟」に携わったりと、手間のかかる繊細な手作業に従事。金属の特性を知り尽くしているからこそできる、匠の技が高く評価された。雨どいの施工では、始めに水平器を使って、建物が水平かどうかを確認する。もし、傾斜に問題があれば、雨水の流れに支障を来し、雨どい本来の役目を果たすことができないからだ。  「この仕事には、現場で速やかに的確な判断ができるセンスが必要」と、馬明さんは力説する。

お問合わせ お見積り依頼資料請求

お見積もり・資料請求お問合わせはこちら

お問合わせ

資料請求

マエダハウジング

サポーターズ

外壁塗装

マエダハウジング不動産

昨日より、今日はきっとよくなる

マエダKミックス

ページ上部へ