広島の地域密着リフォームを紹介するマガジン 広島の安心・安全リフォーム

失敗しない業者選びのポイント

リフォームを成功させるには、業者の見極めが大事です。しかし、「いざ頼もう」と思うと、どの業者に頼めばいいのか、迷ってしまいます。最終的には「安心できる業者」ということになるのでしょうが、それを見極めるには判断材料があまりに少ないのが実情です。そんな悩みを抱えている方に、失敗しない、後悔しないリフォーム業者選びのコツをアドバイスします。
失敗しない!リフォーム業者選びのポイント

リフォームを考える時、かなり重要になってくるのが業者の選定。
そこで今回は、業暦の長さや得意工事の有無などの面から、「安心できる業者」を見極めるポイントを教えます。

アフターや保証の姿勢はどうか?
  家電や中古車を買うときに、保証が気になったりしませんか? 保証があるということは、安心感を与えます。しかし、工事の保証は分かりにくいのが現実です。長いほうが良いとは思いますが、単に年数だけで判断できません。「10年保証」といっても、よく聞けば主要構造部のみで内装仕上げ材などは「1年保証」という会社もあります。『いつでも何かあったら言ってください。必ず面倒見ます』と言われても、鵜呑みにはできないかもしれません。 リフォーム業界は、新築に比べてまだまだこのあたりが遅れています。特に、リフォームの特性である「古いものの上に新しいものをつける」場合、どこからが保証の対象になるのかが非常に不鮮明です。リフォームを依頼する前には、この保証がどのような類のものなのか、実際保証をお願いする時は、どのようにすればいいのかをきちんと聞いておく必要があります。 保証書には、メーカーが保証する「メーカー保証書」とリフォーム会社が工事まで保証する「工事保証書」があります。このあたりをあいまいにして、メーカー保証書でさえ発行していないところもあります。 ですから、リフォームするときには、事前に「保証書を見せてください」と言ってください。その時にすぐに出さない会社はアフターや保証に力を入れていないと思われても仕方がありません。力を入れている会社は、自信を持って「安心」ということを説明してくれます。 注意することは年数の長さだけではなく、アフターや保証に対する姿勢を見ること。間違いないと思ったら、その会社に安心して頼んでください。
商談時、打ち合わせ時に議事録をもらう
リフォーム工事というのは請負で仕事を進めますから、信頼関係がとても大切です。ところが、その大切な約束を簡単な図面や見積書、契約書だけで済ませるリフォーム業者が存在します。そこで、出来上がってみるとお客様が描いているイメージと異なるケースがでてきてしまいます。最初の契約で100%決めることはほぼ不可能。仕上がりをお客様がイメージできればいいのですが、難しいのが現状です。特にリフォーム工事には変更がつきもの。今日決めた仕様がすぐに変更になったり、出来たものは前の仕様のままだったりということもあります。そんな時に、打ち合わせ議事録を残しておくと、間違いは最小限に抑えられるでしょう。せっかくのリフォームですから、気持ちよくやりたいのはお客様も業者も職人も、皆同じです。 クレームの多くは、工事前の決めごとや打ち合わせ上の問題が多く、それらを口頭だけで行うと、「言った、言わない」の問題が発生します。人の記憶ほどあいまいなものはないからです。ですから、商談時に打ち合わせたことを議事録として渡してくれるかどうかは、大きなチェック要素になります。商談後の打ち合わせ、工事中の打ち合わせも同様です。必ずメモをしてもらい、できれば複写式のものを控えとしてもらってください。このような体制をとっている会社は、約束事も安心して任せられるでしょう。。
 
失敗しない後悔しないリフォーム業者選び30のコツ!小冊子を無料でプレゼントします。
お問合わせ お見積り依頼資料請求

失敗しない業者選びのポイント

  1. 第1回
  2. 第2回
  3. 第3回
  4. 第4回
  5. 第5回
  6. 第6回
  7. 第7回
  8. 第8回
  9. 第9回
  10. 第10回

お見積もり・資料請求お問合わせはこちら

お問合わせ

資料請求

マエダハウジング

サポーターズ

外壁塗装

マエダハウジング不動産

昨日より、今日はきっとよくなる

マエダKミックス

ページ上部へ