広島の地域密着リフォームを紹介するマガジン 広島の安心・安全リフォーム

トップページ > リフォームの現場から密着取材 > キッチンリフォームの現場に密着!

Are you enjoyinghome life?

始めは、台風や地震で傷んだ屋根や家の傾きを直すだけでいいと思っていた柿村さん夫妻。ところが、近所で開催されていたリフォーム見学会で、その家の変身ぶりを目の当たりにして、急に心変わり。前々から抱いていた「ゲストが泊まりに来れるような家にしたい」との思いがムクムクと沸き上がってきた。 「どうせなら全面改装を」と、計画を急きょ変更。さまざまなリフォーム業者に問い合わせたり、見積をとったりしたが、結局、対応が親切だった「リファイン府中」に依頼することになった。
柿村さん邸は築40年と古い。茶色の壁は暗く、収納スペースが少ないことから、シンクの上にも調理器具や電化品があふれている。勝手口はあっても、事実上は物置状態。リビングとの間に置かれている食器棚とダイニングテーブルが、狭いキッチンをさらに狭くしている。奥様が食後の後かたづけや洗いものをしているときは、リビングでの家族団欒にも加われず、寂しい思いをすることもたびたびあったという。
お祖母さんと奥様がキッチンに立つと、狭くて身動きできない。これでは、せっかくの料理の腕前も発揮するチャンスがない。窓はあるものの、収納棚にふさがれていて、実際に窓を開けることはほとんどなく、開けたとしても風通しが悪く、明るさの確保にもさほど効果はなかった。
以上のチェックポイントを考慮して、柿村さん夫妻は具体的なプランを提案してもらうことにした。
食器棚とダイニングテーブルが、狭いキッチンを占領。家族全員が一度に食卓につくと、身動きができない。「もっとゆったりと食事を楽しみたい」が全員の願い
窓に面したシンク。棚からあふれたさまざまな物が、シンクの上にも置かれている。居間にいる家族とは後ろ向き状態で、調理や洗いものを強いられる
せっかくの勝手口なのに、実情は物置場。これでは、家事動線が悪くなるのは当たり前。さまざまな事が考えられるが、思いきって場所を移すのも一つの手
柿村さん夫妻の要望を聞いたうえで、プランや仕様、設備を決定。間取図を見た柿村さん夫妻の「これだけの物があるのに、こうはならんじゃろう(笑)」のひと言に、リフォーム業者スタッフも「やりがいがあります」と答え、打ち合わせの場は一気に和んだ。プランは、配管にも影響を及ぼす重要な作業。キッチンを明るくするには、食器棚を取り除くことで実現。空間自体もこれまで以上に広くなる。そこに、対面式システムキッチンを設置。家族団欒からの孤立を解消しようという狙いだ。反対に、窓側に食器や家電製品がそのまま収納できる大型のカップボードを設置。収納スペースがたっぷりあるので、これまでのように物があふれ出すことはない。 ガスコンロはこれまでと同様だが、200ボルト30アンペアのIH専用回路が設定され、将来のオール電化に備えている。床や壁の素材や色も十分に検討したうえで、一つに決める。
こうして、細かな点を決めてから、正式契約を取り交わすことになる。
使い勝手のよいスタイリッシュな対面式システムキッチン。調理しながら、後かたづけしながら、リビングでくつろぐ家族との会話を楽しんだり、テレビを観たりできる
窓をふさぐことなく設えられた大型のカップボード。抜群の収納力で、食器、家電製品、食品などのほか、ゴミまでも収めてしまうので、常にきれいにかたづいた状態に保てる
バリアフリーの床には、水に強い防水タイルを採用。扉に大型ガラスサッシを用いることで、光や風の通り道としての役目も十分に果たしている。元の勝手口は冷蔵庫置き場に
プラン、仕様、設備、代金、支払い方法など細かな点について取り決める契約書を交わす前に、十分な打ち合わせを約束するプラン契約を結ぶ。その中で、現場調査、平面図作成、パース作成、詳細見積作成、カラーシミュレーション作成、3Dパース作成、タイムスケジュール作成などが明確にされる。正式契約は、それらの内容を納得したうえで結ぶことになる。
追加工事が必要な場合や、工事の変更を強いられる場合は、事前に追加変更工事確認書を交わしてから、必要な工事を施工。後でトラブルが起きないように、慎重に事が運ばれる。基本的には、正式契約書通りに工事が進められる。
プラン、仕様、設備、代金、支払い方法など細かな点について取り決める契約書を交わす前に、十分な打ち合わせを約束するプラン契約を結ぶ。その中で、現場調査、平面図作成、パース作成、詳細見積作成、カラーシミュレーション作成、3Dパース作成、タイムスケジュール作成などが明確にされる。正式契約は、それらの内容を納得したうえで結ぶことになる。
追加工事が必要な場合や、工事の変更を強いられる場合は、事前に追加変更工事確認書を交わしてから、必要な工事を施工。後でトラブルが起きないように、慎重に事が運ばれる。基本的には、正式契約書通りに工事が進められる。
キッチンとリビングの境をなくし、対面式のシステムキッチンを設置。光と風が通り抜けるさわやかな空間に生まれ変わった
ガスオーブンを備えた使い勝手の良いシステムキッチン。ダクトをつなぐ板はガラス製で、見通しがいい
床は防水加工を施したフロアタイル仕様。ゴミ収納スペースも備えた大型カップボードが便利
着工から約2週間を経て、リフォームが完成。水まわりの配管に不備がないか、システムキッチンなどの設備に傷はないか、床・壁・天井の仕上がり具合に問題はないかなどを柿村さん夫妻立会のもとで確認。すべてのチェックが完了したところで、リフォ ームはすべて完了ということになる。
新たなダイニングキッチンの完成は家族の動線をも変え、毎日必ず顔を合わせる場になっている。お祖母様と奥様、お嬢様の3人が揃ってキッチンに立つシーンも増え、一段と賑やかな空間に変身。奥様は洗いものをしていても家族と会話ができるので、寂しいと感じることはなくなった。 「おかげで、お友達を呼びやすくなった」と、奥様も大満足。念願のキッチンが現実のものとなり、一家揃っての家族団欒の機会も増えたという。
他にリフォームの話をしている業者はあったのですが、近所で催されている見学会を見に行って、「リファイン府中」さんに決めました。仕上がりが良かったのと、スタッフの皆さんの対応が良かったですね。工事中もいろいろと気を使ってくださって、ありがとうございました。本誌を読んで、工事を依頼される方もいらっしゃると思いますので、これからも頑張ってください。
 
お問合わせ お見積り依頼資料請求

リフォームの現場から密着取材

  1. 中古物件購入+リフォームで手に入れたマイホーム
  2. 中古物件を購入して手に入れた注文住宅感覚のマイホーム
  3. 雨漏り解消と間取り変更の現場に密着
  4. マンションでもできる!対面キッチンリフォーム
  5. オーダーキッチンのリフォーム現場に密着!
  6. 密着レポート
  7. メール&電話をフル活用した現場密着
  8. 耐震強化と間取り変更
  9. 壁塗りにチャレンジ
  10. 築14年の建売住宅の自然素材リフォーム
  11. キッチンリフォームの現場に密着!

お見積もり・資料請求お問合わせはこちら

お問合わせ

資料請求

マエダハウジング

サポーターズ

外壁塗装

マエダハウジング不動産

昨日より、今日はきっとよくなる

マエダKミックス

ページ上部へ