広島の地域密着リフォームを紹介するマガジン 広島の安心・安全リフォーム

トップページ > その他の特集 > リフォームの できるコト できないコト

リフォームのできるコトできないコト

自分の持ち家だからといって、リフォームが自分の思うままにできるとは限らない。
一戸建て、マンションとそれぞれに国が定めた制約がある。
そのほか、構造上の問題やマンションにおける管理規約なども無視できない。
事前に下調べして、「できるコト、できないコト」をチェックしておこう。

一戸建て

【間取り変更】

1階と2階を貫く通し柱や 建物を支える壁が じゃまだから、取り除く!?

 木造軸組工法やプレハブ工法など、工法によって間取り変更の自由度が異なる。一般的に木造軸組工法や鉄骨系のプレハブ工法は自由度が高く、木質系やコンクリート系のプレハブ工法および2×4工法など枠組壁工法では制限される項目が多い。例え自由に変更できるといっても、1階と2階を貫いている通し柱や、建物を支える壁など、構造上取り外せない柱や壁があることは知っておこう。

【増築】

自分の家の 敷地内いっぱいに 増築する!?

 増築は、地域や敷地によって定められた法律や条令による制限を遵守して行わなければならない。一般的には、以下に示した項目をクリアする必要がある。



●用途地域
用途地域は12種類に分類され、その種類によって、建物の種類・高さ・規模が制限されている。

●建ぺい率・容積率
第一種住宅地域、第二種住宅地域、準工業地域、商業地域など用途地域によって、「建ぺい率」や「容積率」が定められている。建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合。分かりやすく言うと、敷地面積と、建物を真上から見たときの外壁に囲まれた建築部分の面積との割合のこと。また、容積率とは、敷地に対する総床面積の割合。増築は、これらの制限内でしかできない。

●防火地域・準防火地域
防火地域では、木造の住宅は建てられない。準防火地域では木造の住宅は建てられるが、窓やドアなどは防火性能基準を満たしたものでなければならない。

●道路幅員制限
一般に「セットバック」と称されるもの。敷地が接している道路の幅が4メートル未満の場合、道路の中心線から2メートルの境目を敷地境界線としなければならない。その敷地境界線を越えた部分に、家や塀を建てることはできない。

●北側斜線制限
敷地の北側隣地に対する、日影への影響を少なくするために、建物の高さを制限している。

●道路斜線制限
敷地の前面道路の幅に対して、建物の高さが規定されている。

マンション

【間取り変更】

隣室との壁を取り除いて、 1つの広い空間にする!?

 構造的に問題がなければ、間取りの変更はできる。ラーメン構造(柱や梁で建物を支え、接合箇所が変形しにくいようにしっかり接合した構造)の場合は、比較的自由に変更できる。一方、壁式構造(柱や梁がなく、壁と床で建物を支える構造)の場合は、建物を支えるコンクリート壁は構造体で共有部分となるため、この壁を取り除くことはできない。したがって、間取りの変更に制約が出てくる。

【水回りの移動】

独立キッチンから、 ダイニングと一体化した 対面式キッチンにする!?

 床下に巡らした給排水管がどこまで移動できるかにより、キッチン・浴室・洗面室・トイレといった水回りの移動範囲が決まってくる。また、床下の空間が広ければ、移動範囲が広がる可能性がある。どこまで移動できるかは、素人では判断できないので、専門のリフォーム業者に見てもらおう。

【IHクッキングヒーターに変更】

システムキッチンを ガスからIHクッキング ヒーターに替える!?

 IHクッキングヒーターに変更する場合、電気容量をアップしなければならない。多くのマンションでは住戸全体の電気容量が決まっているので、1住戸だけ電気容量を増やすことはできない。増やす場合は、マンション全体の工事が必要となる。

【バリアフリーに変更】

一段高くなっている和室の床を 他のフロアと同じ高さまで下げて、 バリアフリーにする!?

 バリアフリーにする場合、基本的に床を下げることはできないので、高くなっているほうの床に合わせて低い床を上げるようにする。当然、床と天井との距離が縮まるので、以前より圧迫感を感じるのはやむを得ない。この圧迫感を解消するには、天井を取り外すという手もある。

【床材の変更】

カーペットの床を 天然木のフローリングにする!?

 床をカーペットからフローリングに張り替える場合は、住んでいるマンションの管理規約を確認する必要がある。もし、遮音性に劣るフローリングに変更した場合、それまでは伝わることのなかった歩く音さえも階下に響くようになり、住人同士のトラブルを引き起こす原因にもなりかねない。管理規約には、そうした問題を生じさせないために、リフォームするときの床材の性能レベルをあらかじめ規定したり、フローリングへの変更そのものを禁止しているケースもある。

【玄関ドア・窓サッシ・ ベランダの変更】

鉄製の玄関ドアを 温かみのある 木製にする!?

 外から見える箇所の玄関ドアや窓サッシ、ベランダは共用部分なので、リフォームすることはできない。

リフォーム費用のコト


リフォームするときにいちばん気になるのがお金のコト。 内容や規模によって金額は大きく変わるものの、 大体の金額を知っておいた方が資金計画を立てやすくなるだろう。

水まわり
システムキッチンの交換 (I型2550) 60万円~250万円 手頃なタイプのI型で60万円くらいからだが、L型、アイランド型では200万円を超えるものもある。本体金額以外に既存キッチンの撤去・処分、給排水、電気、組立などの工事費が含まれる。
食器洗浄機の設置 15万円~25万円 ビルトインタイプは15~20万円程度。古いキッチンは組み込みが不可能な場合があるので確認した方が良い。
在来型浴槽を交換 25万円~100万円 浴槽本体は8~20万円だが、他に床や壁の補修、または交換の工事費が必要になります。壁・床・天井・水栓金具などの工事をどこまで行うかによって工事費が大きく変わります。
ユニットバスを交換 60万円~250万円 0.75~1坪タイプが主流で、本体は50万円~200万円。見積もりに、解体工事、柱、土台などの費用が含まれているか要確認。TV付、浴室暖房、ミストサウナなどのオプションがある。
洗面化粧台を交換 (W750) 8万円~30万円 幅が600~900が一般的だが、よく選ばれるのが幅750のタイプ。収納が豊富な三面鏡や引出タイプ、天板が人造大理石などさまざまな種類があり、それぞれの価格が大きく異なる。
便器を交換 8万円~25万円 本体は5万円からあるが、工事代が洋式から様式の場合だと3万円~、和式から洋式なら10万円以上かかる。旧式は、排水位置を変更するために、床の修繕を行う場合がある。
内装・建具
内装を一新 10万円~35万円 6畳の和室を、床をクッションフロアに、壁・天井のクロスを貼り替えた場合の料金の目安。床をフローリング材、壁を珪藻土に変更することにより、価格が変わる。
和室を洋室に変更 40万円~60万円 6畳の和室を、床をフローリングに、壁・天上はクロスを貼り替え、ふすまをクローゼットに変更した場合の料金。
床をフローリングに 8万円~20万円 床面積6畳の既存床に追い貼りをすると8万円~。下地を補修し、無垢材を貼る場合は20万円~。
床暖房を設置 25万円~50万円 電気式床暖房を6畳に敷いた場合の目安。フローリング一体タイプなどは約30万円~。
外まわり
外壁を塗り替え 50万円~120万円 延床30坪でアクリルリシン吹きつけが50万円~。弾性塗料シリコン、フッ素、セラミックなど、塗料により金額は異なる。足場や、飛散防止のシートを設置する費用も含まれている。
玄関ドアを交換 15万円~40万円 アルミ製片開きドアに取り替えた場合の料金。周囲の壁面、床タイルなど玄関ドア周囲をどこまで工事するかによって金額は大きく異なる。

リフォームの進め方

まずは情報収集

リフォーム会社のイベントや体験会などに参加したり、リフォーム雑誌、チラシやホームページなどを見て、まずは情報収集をしましょう。リフォーム会社を実際に訪れることで、会社の雰囲気や担当者の人柄なども確認することができますので、2~3社訪れて比べてみましょう。

現場調査を依頼

住まいを見てもらいながら、自分たちの要望や困ったことなどを伝えましょう。ここがリフォームにとって一番大事なところです。コストダウンの方法やベストなプラン提案の材料も、すべて現場調査から出てきます。

プラン提案

リフォームをお願いする会社が決まれば担当者との打ち合わせにより、希望や要望を伝えたり、提案などをもらうことで徐々に具体化していきます。 ある程度イメージが固まってきたら完成後のパースやCG画像を作成することで、お互いのイメージのずれを無くして共通理解の元で進めることができます。 また、概算見積もりをもらうのも忘れずに。一つ一つの項目の内容もチェックして、少しでも疑問があればすぐに質問し、納得いくまで詳細を詰めましょう。

正式契約

プラン、仕様、設備、支払い方法など細かな点についての取り決め契約書を交わします。打ち合わせ書、平面図、パース、工程表などももらうのを忘れずに。 決して口約束で済ますことのないように注意しましょう。

工事着工

工程表を確認してキッチンやお風呂、寝室などリフォーム箇所の使えない日を確認しておきましょう。大規模なリフォームの場合は仮住まいの準備が必要な場合がありますので事前の準備が必要です。 また、隣近所へリフォーム工事をする旨の挨拶をしておきましょう。

工事中

工事中は順調に進行しているか担当者と定期的に連絡を取り合いましょう。その際に少しでも疑問点があればすぐに確認して早めの解決をしましょう。
またリフォームには一度詳細な内容を決めても追加変更が出る可能性もあります。その際には追加費用が発生するのかしないのか、その都度書面で細かく記録しましょう。「言った、言わない」の内容に注意が必要です。

完成・検査お引っ越し

工事完了したら担当者と仕上がりを詳細に確認します。もし不備が見つかればすぐにでも対応してもらいましょう。全ての確認が終われば完了引き渡し書にサインをします。
また設備機器などの取り扱い方もその場で確認します。
契約書などの書類や取扱説明書は整理して大切に保管しておきましょう。

お問合わせ お見積り依頼資料請求

お見積もり・資料請求お問合わせはこちら

お問合わせ

資料請求

マエダハウジング

サポーターズ

外壁塗装

マエダハウジング不動産

昨日より、今日はきっとよくなる

マエダKミックス

ページ上部へ